セカンド洗面、タッチレス水栓……新型コロナで変化した水回りリフォーム

 

皆さんこんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、みなさまも今まで以上に手洗いや除菌についての意識が高くなっているかと思います。さらに、ご自宅で過ごす時間が増えたことによって、ご家庭の水回り設備に関して意識する機会が増え、リフォームを検討される方も増えてきております。

実は、水回り設備の改善は感染症対策にも有効性が期待できることをご存じでしょうか。この記事では、水回りのリフォームで新型コロナウイルス感染症をはじめとするさまざまな感染症予防につなげるポイントをご紹介します。




■水回りはウイルスや細菌が繁殖しやすい環境



水回りは、ご家族どなたも必ず使用する箇所です。またキッチンでは調理や洗い物、浴室では入浴、洗面所では手洗い・洗顔や歯磨き、トイレでは排せつなど、人の暮らしに欠かせない活動と密接にかかわっています。それだけに、水回りは外から持ち込んだ細菌やウイルスが繁殖しやすい環境にあるといえます。


水回り経由での家庭内感染を防ぐために、水回り環境をつねに清潔に保つことは何より大切です。水が溜まる場所だけでなく、出入口のドアノブや蛇口、操作レバーなどもまめに拭き掃除や消毒を行い、日々のお掃除で接触感染のリスクを低減する工夫に努めましょう。


しかし、ご家族みんなが手で触れる場所が多ければ、どんなに気を付けていても感染リスクは増えがちです。次の項目からは、接触の機会を減らすことでさらに感染症リスクの低減が期待できる、水回りリフォームのポイントをご紹介します。




■新型コロナ対策になる設備を導入して感染リスク低減


感染予防にはこまめなお掃除が重要であることは、先にもご説明しました。しかし感染対策をより万全にするには、そもそもウイルスを家の中に持ち込まない取り組みも重要です。


家に1つしかなかった洗面スペースをもう1つ増やす「セカンド洗面」というリフォームの考え方が、新型コロナの影響で注目されています。また同時に、接触機会を減らしながらお掃除もしやすくなる「タッチレス水栓」へ交換するリフォーム方法も人気です。




■玄関に手洗い場をもう1箇所!「セカンド洗面」



先にご紹介した「セカンド洗面」ですが、設ける場所は玄関がおすすめです。玄関に洗面所をもう1つ設けることで、細菌やウイルスを家庭内に持ち込ませないための対策がよりしやすくなります。また、お子さんにも外から帰ったら手を洗うことを習慣付けやすくできるでしょう。




■感染予防を強化しながら暮らしを快適に!「タッチレス水栓」



公衆の洗面所で、水栓に手で触れなくてもセンサー反応で水を出せる「タッチレス水栓」があると安心する……という経験をした方は多いでしょう。接触をともなう水栓の場合、手を洗う前に水栓に触れるだけでなく、手を洗った後も水流を停めるため再度触れる必要があります。せっかく丁寧に洗ったのに、手洗いの効果が半減してしまうことはできれば避けたいものですね。


便利で衛生的なタッチレス水栓を、水回りリフォームでご自宅にも導入することで、家庭内で感染を広げてしまうリスクに対応できます。

うっかり水を出しっぱなしにしてしまうことも、手を離せば水流が停まるタッチレス水栓なら防止できます。また、「握って回す」「強く押し込む」という手の動作が苦になりがちなご高齢の方がお家にいらっしゃれば、楽になることでもきっと喜ばれるでしょう。もちろん接触部分が減る分だけ、お掃除など日々のお手入れも簡単になります。


静岡県掛川市の神谷設備では、水回りのトラブルから水道、排水管まであらゆる水回りの工事に対応しています。水回りに関するリフォームは、水回りの専門家「神谷設備」までお気軽にご相談ください。



<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

https://kamiya-setsubi.com/contact