冬場も安心してくつろげる!お風呂のリフォームでヒートショック対策

 

皆さんこんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


これから寒くなる季節、温かいお風呂にゆっくりと浸かると疲れが取れますよね。のんびりとくつろげるお風呂ですが、入浴中の事故には注意が必要です。入浴中の死亡者数は年間1万9千人と推計されていますが、特に冬場に増加しており、温度差によるヒートショックの影響が大きいと考えられています。そこで今回は、ヒートショック対策に効果がある浴室リフォームについてご紹介します。




■お風呂でヒートショックが起きやすい理由



ヒートショックとは、「暖かい部屋から寒い部屋への移動など、温度の急な変化が体に与えるショック」のことで、暖房の効いた部屋から寒い部屋に移動することで急激な温度変化が起こることがその原因とされています。特にお風呂に入る時には、暖房で暖まった部屋から寒い洗面所で服を脱ぎ、冷えた浴室の床を歩くことになります。さらに熱いお湯につかり、体が暖まった状態で再び寒い洗面所に移動します。このように温度変化が激しい状況では、血圧が大きく変動し、ヒートショックの危険が高まってしまうのです。


つまり、お住まいの中の温度差をなるべくなくすことがヒートショック対策になります。お風呂でできるヒートショック対策としては、浴室や洗面所を温めておくこと、お湯の温度を41度以下にすることなど、温度差を減らす工夫が重要なポイントになります。




■お風呂のリフォームでヒートショック対策



お風呂は「在来浴室」と「ユニットバス」の2種類があります。一軒家や築30年以上のマンションは「在来浴室」であることが多く、柱や梁で軸を組み、下地材で防水処理をした上にタイルを貼りつけた構造になっています。外気の影響を受けやすく、寒さを感じやすい浴室です。


ユニットバスは、浴槽だけでなく天井、床、壁などのパーツなどを工場で作ってから、現場で組み立てて浴室を作ります。建物と浴室の間が断熱層になるため、在来浴室と比べて保温性に優れています。そのため、在来浴室からユニットバスにリフォームしたり、古いユニットバスを最新のユニットバスに変更したりすることで、お風呂を温かくできヒートショック対策にもなります。


ユニットバスへのリフォームは出来上がった部品を組み立てるため工期が短く済み、在来浴室からのリフォームなら4〜8日、ユニットバスからのリフォームでは2〜6日で完成します。お風呂場が寒くて困っている、古いユニットバスを使っているという方は、最新のユニットバスへのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。




■ヒートショック対策に!最新のユニットバス



さらに最近のユニットバスは新しい技術で機能性が向上しており、ヒートショック対策に加えてお掃除が楽になるなど多くのメリットがあります。


例えばTOTOの「ほっカラリ床」は、断熱床パンと断熱クッション層の「W断熱構造」で床裏からの冷気をシャットアウト。表面のシートは滑りにくく、乾きやすくなっているのでお掃除も簡単です。「魔法びん浴槽」は、その名前の通り魔法びんのような構造で浴槽を断熱材で包み込み、お湯をはってから4時間以上も温かさを保ちます。


その他にも浴室に暖房換気扇を設置すれば、浴室を温めるだけでなく、雨や冬の寒い日に洗濯物を乾燥させることもできます。さらに窓を断熱性の高いものにすると、温めた空気が外に逃げたり外気が室内に入ってきたりするのを防げるでしょう。




■家の中の温度差をチェックして対策を


浴室と洗面所をセットでリフォームすれば部屋の温度差を解消でき、ヒートショック対策に大きな効果があります。浴室だけでなくリビングと廊下にも温度差が発生しますが、玄関ドアを断熱仕様にするだけでも外気を防げます。ヒートショック対策をする際には、お家の中の温度差が大きい場所をチェックしてみましょう。


静岡県掛川市で水まわりの修理を行う神谷設備では、新築工事からリフォームまで幅広く承っています。「冬に向けてヒートショック対策をしたい」「新しいユニットバスを取り入れてみたい」という方は、神谷設備までお気軽にご相談ください。



<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

https://www.kamiya-setsubi.com/contact