分譲マンションで水回りのリフォームをする際に知っておきたいポイント

 

皆さんこんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


キッチンや洗面化粧台、トイレや浴室の最新設備機器は日々進化しており、魅力的な水回り商品は毎年発売されます。そんな最新の水回り商品に憧れて、リフォームを検討する方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、リフォーム後にトラブルが起きないよう、リフォーム前に知っておくべきポイントについてご紹介したいと思います。




■分譲マンションにはルールがある



分譲マンションは、マンション全体を構成している各場所が「共用部分」と「専有部分」にわけられています。分譲マンションでご自宅としてリフォームできるのは、部屋番号が付与されている「専有部分」のみです。


各部屋は鉄筋コンクリートでお隣と仕切られていますが、この壁や天井、床は「共用部分」となります。したがって、壁や天井、床などのコンクリート箇所は、リフォームの際に削ったりへこませたり壊したりなどの手を加えるリフォームは、基本的にできないのです。


また、マンションによって水回りのリフォームについての規約も異なってきます。リフォーム工事をする際には、事前に規約を確認にして、管理組合などから許可をもらうことが必要となります。




■配管の位置を確認する



マンションの配管は給排水をするために各階を上下に貫くように配置しており、そこからさらに横へと伸びるようにして各部屋に配管が設置されています。したがって、配管の位置やリフォームの内容によって、工事のやり方が変わってくるのです。配管の配置によっては、大掛かりな工事が必要となるケースもあります。


また、配管の工事となると近隣の方と騒音トラブルにならないように配慮が必要です。騒音トラブルを防ぐためにも、上下階との位置関係に注意しつつ、配管の位置はしっかりと確認しておきましょう。




■場所ごとの注意点


ここでは水回りのリフォームを行う上で、場所ごとに考えられる注意点をそれぞれご紹介します。



・浴室

浴室のリフォーム工法には、主に「在来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。在来工法は自由なデザインで浴室を仕上げる昔ながらの工法ですが、最近のマンションはユニットバスが主流です。ユニットバスは、工場で生産されたパーツをあらかじめ工場で組み立ててから施工していきます。断熱性や防水性、機能性に優れていることが大きな特徴ですが、事前に組み立てておくので自由度は低く、浴室スペースによっては設置できないというケースもあります。設置スペースの広さや天井の高さ、ユニットバスの形状など、浴室に対して製品が合っているのかをしっかりと確認しておくことが大切です



・キッチン



キッチンリフォームでは、ダクトの位置や造りなどキッチンの構造に注意しましょう。キッチンの構造によっては、移動できないなど、リフォーム内容に制限がかかることがあります。マンションの規約や図面を参照して、キッチンの構造は事前に把握しておくことが大切です。


また、キッチンで使用する電気やガスの容量もあわせて確認するようにしましょう。IHヒーターや食洗機を設置するリフォームを行う場合、電気やガスの容量によって施工できないといったケースが主に古いマンションで見受けられます。電気やガスの容量がわからないという場合は、マンションの管理組合や管理会社に問い合わせてみましょう。



・トイレ

トイレのリフォームで注意していただきたいのが、排水の種類です。トイレの排水には「床排水」と「壁排水」の2種類があり、今お使いの便器と同じ排水方式のタイプを選ばなければなりません。ほとんどのマンションでは「床排水」が採用されているかと思いますが、念のため管理組合などに確認しておくことをおすすめします。


また、トイレの床材の種類もしっかりと確認しておきましょう。トイレの床材とし適しているのは、水分やアンモニア成分に強いビニールクロスの床材です。フローリングにしてしまうと、水からの影響を受けやすいので掃除やお手入れが大変になってしまいます。トイレの環境やタイプを考慮して、最適な床材を選んであげることが大切です。




■まとめ


キッチンやバスルーム、トイレなどの水まわり設備は毎日利用します。毎日使うものだからこそ、専門的な知識や経験が豊富な業者に依頼することが大事です。


私たち神谷設備は、水回りのリフォームをはじめ、新築工事やお住まい全体のリフォームまで幅広くご相談を承っております。「新しい設備で快適な生活をしたい」「古くなった設備を一新したい」など、お住まいに関するご要望がございましたら、水まわりの専門家でもある神谷設備までぜひお気軽にご相談ください!


<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

https://www.kamiya-setsubi.com/contact