掃除が楽になるリフォーム、あります!

 

皆さんこんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


年の瀬が近づいてきており、そろそろ大掃除の時期ですね。家族総出で掃除に励む姿があちらこちらで見られるかと思いますが、実は最近の住宅設備では少し様子が変わってきています。企業努力によって、お掃除自体が非常に楽になっているのです。


今回は、各メーカーが販売する水回りの製品を触れながら、どのような機能が備えられているのかについてご紹介します。「掃除が大変」と感じている方は、「掃除が楽になるリフォーム」を検討してみるのもいいかもしれません。




■キッチン


・レンジフードは10年お掃除不要!?


キッチン回りで面倒なお掃除といえば「レンジフード」です。ベタベタした油よごれのお掃除に取りかかるには、重い腰を上げなければなりません。


しかし、例えばPanasonicのキッチンのレンジフードでは全自動ファンが搭載されているので、10年間お掃除が不要となっています。電源オフ時にファンが自動で高速回転して、油汚れを吹き飛ばしてくれます。社内実験では10年間の使用で1年分の汚れしかたまらなかった、という結果も出ているようです。


(Panasonic|全自動おそうじファン)


・IHコンロは、今や段差がほとんどありません!


最新のIHコンロでは、段差がほとんどないフラット設計の製品が多く登場しています。段差がないので作業がしやすいだけではなく、汚れが溜まりにくいので、お手入れもサッと拭き取るだけです。ガスのときに感じていたコンロ回りの掃除にかかる手間も、IHコンロでは驚くほど改善されています。


(Panasonic|マルチワイドIH)


・シンクはガンコな汚れとは無縁に

(Panasonic-スゴピカ素材/TOTO-きれい除菌水)


シンクでは素材や機能を選ぶことにより、汚れにくさや清潔さなどを向上せることができます。

例えば、Panasonic「スゴピカ素材」では、撥水・撥油成分が素材に練り込まれているので、汚れをはじきやすくなっています。


(Panasonic|スゴピカ素材)


また、TOTO「きれい除菌水」では、ヌメリや黄ばみを抑える除菌成分が含まれているので、シンクを含めてまな板や包丁といったキッチン用具も、手軽に除菌して清潔に保つことができます。シンクのお手入れは大変ですが、このような素材を選んで設計することで、煩わしさから解放されるでしょう。


(TOTO|定期ミスト設定で自動噴霧の設定もできる「きれい除菌水」)



■バスルーム


・浴槽は、スポンジで軽く拭いてシャワーで流すだけ!?

(Panasonic-スゴピカ素材/TOTO-お掃除ラクラク人大浴槽)


浴槽の掃除は毎日行うことだからこそ、できるだけ手間をかけずにお掃除できたら楽ですよね。そこで各メーカーとも、お掃除の手間を最小限に抑えられるような製品を開発しています。


Panasonicでは、上記で紹介した「スゴピカ素材」が、お風呂の浴槽にも採用されています。

また、TOTO「お掃除ラクラク人大浴槽」では、独自の撥水・撥油技術によって水や皮脂を弾いて、汚れがついても簡単に拭き取ることができる素材が取り入れられています。


(TOTO|お掃除ラクラク人大浴槽)


・床の掃除もラクに!

(Panasonic-スミピカフロア/TOTO-床ワイパー洗浄)


お風呂掃除は浴槽だけではなく、床にも手間がかかります。目が届きにくい隙間や四隅などには、ガンコな黒カビが発生していることも多々あります。


そこでPanasonicでは、目地なしの床が採用されており、汚れが溜まりにくく、拭き掃除だけでお手入れが済むように設計されています。


(Panasonic|スミピカフロア)


また、TOTOでは、「床ワイパー洗浄」が搭載されており、「きれい除菌水」によって、スイッチ一つで洗浄から除菌まで自動で行ってくれます。


(TOTO|床ワイパー洗浄)



■トイレ


・汚れがつきにくい便器

(LIXIL-アクアセラミック、Panasonic-激落ちバブル・スゴピカ素材・スキマレス設計ほか/TOTO-セフィオンテクト)


トイレの便器にも、汚れにくいような工夫を施しているメーカーが多々あります。


例えば、LIXILの便器で使用されている「アクアセラミック」は、傷が付きにくいうえに水垢や汚れも簡単に洗い落せる衛生陶器となっています。


(LIXIL|アクアセラミック)


また、Panasonicのトイレでは特に、流すたびに水流と泡で汚れを落としてくれる「激落ちバブル」や、汚れが入る隙間のないように考えられた「スキマレス設計」が魅力的です。


(Panasonic|激落ちバブル)


さらに、TOTOのトイレでは、「セフィオンテクト」という陶器が使用され、優れた耐久性と防汚性能に期待できます。


(TOTO|陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルでなめらかに仕上げ、汚れを防ぐ「セフィオンテクト」)


どの製品も“汚れにくさ“という点において、甲乙つけ難くなっています。細かな違いなどは実際に目で見て比較したり、詳しい専門業者に相談したりするといいでしょう。




■まとめ


このように、住まいの設備は時代の流れとともに進化しています。贅沢な暮らし方を提供してくれるだけではなく、毎日の掃除をサポートする面についてもかなり向上しています。特に防汚性能は、見た目の清潔感にも大きく関わる重要なポイントです。


設備機器を選ぶ際は、「掃除のしやすさ」「汚れにくさ」についてもチェックしてみてください!もしも迷われたら、私たち神谷設備までお気軽にご相談ください。当社は地域密着型で長年地元の皆様に支持され、数多くの住まいを手掛けさせていただいております。お客様の暮らしのスタイルに合わせて、最適で快適なリフォームをご提案させていただきます!


<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:0537-74-3424

https://www.kamiya-setsubi.com/contact