水回りのバリアフリーリフォームで、ずっと安心して住み続けられる我が家へ!

 

皆さんこんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


近年では核家族化が進み、高齢者のみの世帯も増えてきています。「老後は子供に迷惑をかけたくない」「老後の暮らしは快適に過ごしてほしい」と住宅内のバリアフリー化を検討しているご家庭も多いのではないでしょうか。


今回は、ご両親とご自身の老後に向けてバリアフリー化を考えている方を対象に、高齢者の事故が多い水回りのリフォームについてご紹介します。




■高齢者による住宅内事故が多発しています


独立行政法人国民生活センターが実施した調査によると、2010年12月から2012年の12月末までの20歳以上の事故件数は1,631件となっており、そのうち65歳以上の高齢者による事故は669件で全体の約4割にも及んでいます。

事故の発生場所については住宅内が7割以上を占めており、台所や洗面所、トイレ、風呂場の水回りにおける事故の割合は合計すると約25%となっています。

特に風呂場での事故では、滑って転倒したことで骨折などの重傷を負ったり、最悪の場合は死亡事故につながったりするケースも報告されています。



また、厚生労働省による調査では、年間で約1万9,000件もの入浴中の事故が発生しており、月別の統計では12月から2月に発生した事故件数が全体の約5割を占めています。

冬場は脱衣所と浴室の寒暖差が激しくなることでヒートショック現象が起こりやすく、入浴中の事故リスクが増大することが原因だと考えられています。


このように、高齢者の水回りでの事故は全体的に多数を占めており、特に冬場はより一層の警戒が必要となる時期です。水回りでの事故を未然に防ぐためには、浴室などをバリアフリー化するといった対策が求められます。




■水回りのバリアフリー化のポイント


水回りのバリアフリーといっても、どのようにリフォームすれば良いのかをご存知ではない方も多くいらっしゃるかと思います。

ここでは、水回りのバリアフリーリフォームにおけるアイディアやポイントを紹介します。


① トイレ

トイレのリフォームにおいては、車椅子での利用を考慮して十分なスペースを設けられるようにできれば理想的です。トイレ内に十分にスペースを確保できないご家庭では、よりコンパクトなタンクレスタイプのトイレを選ぶと、限られたスペースでもゆとりが生まれます。


また、床をクッションフロアにすることも足腰への負担を軽減してくれるので効果的です。最近では、汚れを拭き取りやすい素材のクッションフロアもありますので、お掃除も手軽にできるでしょう。


さらに、転倒防止のために手すりを設置することもアイディアの一つです。最近はトイレットペーパーホルダーと手すりが一体化した商品が登場しており、すっきりとした見た目で人気となっています。

トイレ内での事故では、カギをかけることで閉じ込められて救出が遅れるといったケースも想定できます。外からでもカギを開けられるような作りにしておくといった配慮も大切です。



② 浴室

浴室のバリアフリーリフォームでおすすめなのが、暖房付き浴室乾燥機を設置することです。冬場における洗面所と浴室との寒暖差をなくしてくれるので、ヒートショック現象を引き起こすリスクが軽減されます。


他にも、自動昇降機を取り付けると、自動で湯船に浸かったり上がったりすることができるようになります。立ち座りのしんどさがなくなり、介護する側もされる側も負担が軽減されます。

また、継ぎ目のないものを選ぶようにすることで、湯垢などの汚れがたまりにくくなり、お掃除の手間も省かれます。


その他の細かいリフォームとしては、転倒による被害を最小限にするため扉や窓にガラスを使用しない、手すりの取り付けや段差を解消するといった方法もあげられます。



③ 洗面台

洗面台では、角度を下向きに調整できる鏡にリフォームすると、車椅子に座ったままでも快適に使用できるので大変便利です。洗面所は頻繁に出入りする場所でもありますので、手すりの設置や車椅子を切り返すためのスペース確保なども考慮しておかなければなりません。


また、脱衣所となる洗面所では、寒暖差をできるだけ減らすために断熱性の窓にリフォームすると良いでしょう。断熱窓は保温性に優れているので、ヒートショック現象のリスクを軽減してくれます。


(TOTOホームページより)




■まとめ


ご自宅をバリアフリー化することで、高齢者の方も、離れて住むご家族の方も安心して生活できます。

私たち神谷設備は水回りのリフォームだけでなく、内装・外装・外構・エクステリアまでリフォーム全般を幅広く手掛けております。バリアフリー化については「どこまでしたらいいのかわからない」「できれば最小限のリフォームで収めたい」といったご相談も承っております。


地域密着型で長年地元の皆様に支持され、数多くのお客様の“心地よい住まいづくり”をお手伝いさせていただいております。「暮らしをもっと良くしたい」「住まいを心地よくしたい」とお思いの方は、ぜひ神谷設備までお気軽にご相談ください。


<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:0537-74-3424

https://www.kamiya-setsubi.com/contact