トイレでよくあるトラブルを紹介。掛川市で修理の際は神谷設備まで。

 

こんにちは、静岡県掛川市のリフォーム、水まわり修理、上下水道配管工事、バリアフリー工事を承っております神谷設備です!


以前ブログで、キッチンによく起こりがちなトラブルお風呂場でよく起こるトラブルをご紹介しました。


今回はその続編として、トイレでよく起きるトラブルをご紹介します。


1日に何度も使うトイレは、使えなくなると生活しにくくなるもの。汚物がつまる・水が溢れてくる・水が止まらないなど、トイレにまつわるトラブルはたくさんあります。これらのトラブルはどの部分の不具合で起こり、どうすれば解決できるのでしょうか。




■トイレタンクの水漏れ


タンクの止水栓に使うパッキンの劣化が原因の場合があります。

その際は、パッキンを交換して解決しましょう。ナットの緩みが原因の場合は、締め直せば解決します。


また、浮き玉が正しい位置にないと、必要以上に水が供給されて水漏れするため、その際は正しい位置に戻しましょう。ボールタップ(浮玉の浮力を利用し自動開閉する水栓)に問題がある場合は、交換して解決できます。


オーバーフロー管(タンク内の余分な水を便器へ流す管)が劣化し、亀裂が入ったり折れたりすることが原因の可能性もあるので、その場合も交換が必要です。




■水が止まらない


ボールタップが正常に作動していない可能性があります。

ボールタップにゴミが詰まっている場合は取り除き、浮き球やアームが折れている場合は交換します。


経年劣化で玉鎖が絡まったり切れたりして、水が止まらない場合もあります。絡まっている場合はほどき、切れている場合は交換しましょう。


また、ゴムフロート(タンク内の水が便器へ流れないようにする栓)の劣化が原因の場合もあります。手で触って黒くなれば、交換のタイミングです。タンク内の水を抜き、ゴミが挟まっている場合は取り除きます。




■トイレの水があふれる


便器内または汚水管に何かが詰まっていることが原因です。


便器内でトイレに流せるもの(トイレットペーパー、流せる掃除シートなど)が詰まったら、ラバーカップかお湯で詰まりを取ります。または、重曹・お酢・お湯を便器の中に入れ、二酸化炭素の泡を発生させて詰まりを溶かしましょう。


汚水管の詰まりはトイレの排水桝(汚水と固形物が一緒に流れないよう設置された設備)に汚れがたまっていることが原因です。この場合は、専門業者に相談した方がよいでしょう。




■トイレの配管の詰まり


給水管と排水管のどちらかが詰まると、トラブルになることがあります。


給水管が詰まる原因の多くは、サビや配管用の接着剤が蛇口に詰まることです。近くの水道業者へ連絡し、対応してもらいましょう。


排水管が詰まる原因は、1回に大量のものを流したり、糞尿が固まってこびりついたりすることです。トイレ専用の洗浄剤を排水管へ流し、約1時間放置したら、お湯を流した後で大量の水を流しましょう。薬剤で解決しないときは、専門業者に依頼しましょう。



■トイレの悪臭がとれない


尿素がアンモニアになるときに発する臭いが消えず、残っていることが原因です。


便器・床・壁などもきれいに掃除しましょう。酸性の洗剤を使うと、アルカリ性のアンモニアの悪臭を中和してくれます。

掃除後は、消臭剤などで悪臭を吸収させましょう。それでも悪臭がとれない場合は、壁紙や床を張り替える方法も有効です。




■まとめ

トイレは上記以外にも、様々なトラブルが起こりやすい場所です。毎日何度も使用するトイレは、定期的なメンテナンス(掃除)が必要です。


最近はお掃除が簡単で節水につながるトイレもたくさんあります!「トイレが古くなったな」と思った方は、交換を視野に入れてみてはいかがでしょうか?


静岡県の水周りのトラブルは、神谷設備までお気軽にお問い合わせください。