施工後の未来が見える「リフォームシミュレーター」

 

こんにちは、静岡県掛川市のリフォーム、水まわり修理、上下水道配管工事、バリアフリー工事を承っております神谷設備です!


初めてリフォーム工事をお願いする方は、完成後のイメージが湧かないと思います。

「これからお部屋はどう変わるんだろう」と不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

リフォームが始まる前に、できあがりをしっかりイメージできると安心して施工をお願いできますよね。

その安心感のために施工店ができることについて、今回ご紹介させていただきます。




■リフォーム前に誰もが感じる不安


リフォーム工事は、注文をするお客さまにとっては、とても大きなお買い物である上に、その後の毎日の生活に関わることです。そのため、依頼主が発注前に入念なチェックをしたいのは当然ですが、こればかりは実物を見ることはできません。


リフォーム作業の発注が通常の商品購入と違うのは、まだ0(ゼロ)の段階で「これを買う」という判断をしないといけないことです。



購入者として、

「言ったことが施工に反映されているか」

「思っていたイメージ通りか」

「現状より快適に暮らせるかどうか」

などが不安になるのは当然です。




■施工に対する不安を取り除く「可視化」ということ


不安要素を少なくするために、お客さまと施工業者との打ち合わせは非常に重要です。

しかし、そのときに有効なのは、営業マンのマシンガントークでも、技術者による専門的な詳細説明でもありません。

「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、今、お客さまが安心して施工に向けて判断するために大いに役立つのは、レイアウトや使おうとしている素材の具合、仕上がりのデザインの様子が、「生活している感じで」「家具と一緒に」「いろんな角度から」見えることなのです。



■イメージを具体的に表現する3D CADのメリット



その点を施工者側で解決できるのが「リフォームシミュレーター」と呼ばれる、3D CADの使用です。


CADをご存知ですか。建築業界などで使われる、平面図・立面図を作るコンピュータを使用した設計システムです。紙にプリントする図面を作成するCADは2次元CADと呼ばれます。


そして、さらにそれから進化したのが3D CADで、3次元の立体的な施工後の様子が色や素材感に至るまでコンピュータ画面上で再現できます。お客さまは、モニター上を動き回りながら、部屋の見たい部分をいろんな角度から見られるので、現場にいるような疑似体験ができるのです。


例えばこんなことが可能です。



【リフォーム後のお部屋をはっきり可視化】


部屋のレイアウト、何がどこからどう見えるのか、リフォーム後の変化をリアルな画像で見ることができます。素材感までもが画像に反映されますから、自分のイメージ通りかどうかがひと目で感じられます。


【臨場感のある表現】


コンピュータの画面に繰り出されるのは、絵というよりは写真のようなリアルな美しいコンピュータグラフィックスによるパース画の連続です。ソファに座ったときの部屋の見え方、キッチンに立ったときのダイニングの見え方など、視線を変えて確認できます。見上げれば天井が、振り返れば背後の部屋の様子がクリック一つで画面に現れ、矢印をクリックすれば、その方向へ進むこともできます。紙のパース画とは比べものにならないほどの臨場感があるのです。


【素材比較が簡単に】


壁紙の色や模様、床素材の材質が見た目そのままに理解できます。材質の選択に迷う場合、素材違いで仕上がり具合を見比べることも簡単にできます。仕上がりを画面で確認し、自信を持ったお部屋に仕上げることが可能です。


【施工後の一歩先の風や光を計算】


通風や採光、光熱費、省エネ計算などのシミュレーションも充実しています。施工だけを説明するのではなく、その施工によって風や光、エネルギー配分がどうなるかという一歩先が予想できるのです。



神谷設備では、お客さまがより施工後の暮らしをイメージしやすくできるように、上記の作業ができるシミュレーター、建築3次元CAD [MADRIC・AD-1]を導入しています。これによって、まるで現場にいるような目で見ながらのミーティングが可能です。


当社では、必要に応じて何度でも作成し、お客さまにきちんと納得していただいた上での施工を心がけています。施工前に不安のないリフォームをお考えでしたら、神谷設備にぜひご相談ください。