食洗機は、リフォームなしに単体で交換できることをご存知ですか?

 

こんにちは。

静岡県掛川市を拠点に、水まわりの修理や上下水道配管工事、リフォームを手がけている神谷設備です。


お客さまに、好きな家事と嫌いな家事をお尋ねすると、好きな家事は料理、嫌いな家事は皿洗いや洗濯……という答えが返ってきます。たしかに、食事のあとにゆっくりくつろぎたいと思っていても、汚れた皿で埋まったシンクが待っていると思うと、気が滅入ってしまいますよね。

特に掛川市のソウル・フードである芋汁は、食器のぬめりを取るのが一苦労。そんな水まわりの家事でお悩みの方におすすめしたいのが、食洗機です。




■お手軽でいいことづくめの食洗機


食器洗い機は、食洗機用の専用洗剤を入れて運転すると、数10分から1時間ほどで、洗い・すすぎ・洗浄という一連のプロセスを完了させられるというものです。

通常の手洗いでは熱くて使うことのできない60〜80℃という高温の湯や、高圧水流を使うことにより、手洗いよりも効果的に汚れを落とします。

専用洗剤は、手荒れ防止剤を含まない肌へのやさしさを備えながら、酵素の働きで汚れを分解します。この専用洗剤を機械により強力に噴射し、熱湯との相乗効果で、タンパク質・デンプン・油汚れを落とし、除菌も叶えるという一石二鳥の仕組みです。



気になる電気代・水道代ですが、食洗機は庫内に貯めた少量の湯水を循環させて食器を洗います。とあるメーカーの試算によると、食洗機の使用水量は手洗いの約1/9、ランニングコストは約51%という数字が出ています。

また、かつての食洗機は、庫内に入れる前に下洗いが必要でしたが、最新型ではそれも不要。食べた後の皿をすぐに投入できるようになっているのも嬉しいですね。




■食洗機は単体で交換可能!交換の際のチェックポイント

すでに食洗機はあるけれども、システムキッチンに組み込まれていたものが故障していたり、型番が古く使い勝手が悪くて……と、諦めてしまっていませんか?

実は食洗機は、単体で交換できるのです。システムキッチンそのもののをリフォームする必要はありません。

買い替えに際しては、システムキッチンと同じメーカーの食洗機で、買い替え対応品から選ぶケースが一般的ですが、異なるメーカーの食洗機を入れることも可能です。


(Panasonicのカタログより)


ただしその場合は、設置場所のキッチン扉幅とビルトイン食洗機の幅が同じであること、扉の色・柄などを揃えるなど、いくつかの条件を満たさなければなりません。

奥行きの寸法確認も、その一つです。シンク下には給水管や排水管などの配管が通っているため、奥行きが浅いことがあります。奥行きによっては取り替えができるサイズに制限が生じるので、注意が必要です。




■交換には必ずプロによる現状判断を!

このように食洗機はキッチンの大掛かりなリフォームなしに交換することができ、異なるメーカーの機種を入れることも問題ありません。ただし、寸法や給排水の配管位置などによって、設置できる商品が限られる場合もあるので、プロの目による現状確認が欠かせません。



食洗機の性能は日進月歩で、年を追うごとに便利な機種が登場しています。交換するのならば、できるだけ新しい機種にするのがおすすめです。

「ウチのキッチンに合う食洗機は、どんなタイプ?」「相当古いけど、大丈夫?」「いったいどのメーカーのどの機種を選べばいいの?」など、気になることがございましたら、まずは水まわりのプロである掛川市の神谷設備までお気軽にご相談ください! お客さまのご予算に応じて、ベストなご提案をさせていただきます。


<神谷設備へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:0537-74-3424

https://www.kamiya-setsubi.com/contact